羊皮紙専門サイト 羊皮紙工房
本文へジャンプ
サイトマップ   English  

History of Parchment 羊皮紙の歴史

起源

言葉を記録する・・・。それは数千年もの昔から人間の営みの中で行われてきた行為です。文字が発明され、それを記録するためにさまざまな媒体が使われてきました。

右から(上から下へ)
メソポタミアの粘土板(3000年前)
エジプトのパピルス(写真は現代のもの)
インドの椰子の葉の経典(100年前)
フランスの羊皮紙(550年前)
オスマントルコの紙のコーラン(150年前)


羊皮紙の歴史は古く、最も古い記録はエジプトの第4王朝時代(紀元前2500年ごろ)まで遡ります。当時のエジプトでは、パピルスと共に動物の皮に文字を書いた記録があります。ただし、この時代は今でいう「羊皮紙」ではなく、革製品のようになめしてある「レザー」でした。エジプトではパピルスの原産地だけあり、原料の豊富さで、パピルスの方が主流でした。
(パピルスについては、「ついでにパピルス」のページを参照ください。)

パピルス

このような動物の皮は、紀元前6世紀のアケメネス朝ペルシャでも筆写に使われていたことが粘土板の記録から分かっています。粘土板には、当時の書記の種類として、「粘土板書記」と、「獣皮書記」がいたことがはっきりと書かれているのです。現在のイラクにあるバビロニアと、現在のイランにあるスサという都市の獣皮書記に記録が残っています。

また、紀元前5世紀ギリシアの歴史家ヘロドトスは、著書「歴史」で当時のイオニア地方(現在のトルコ イズミールを中心とするエーゲ海沿岸地域)で動物の皮に文字を書いていたと伝えています。


「また、イオニア人は昔から、パピルス紙のことを「皮」(ディフテラ)と呼んでいる。それは、昔パピルス紙が不足していたときに、山羊や羊の皮を代わりに使用したことに由来する。今でも多くの蛮族はそのような皮に文字を書く。」
<ヘロドトス「歴史」第5巻58>

動物の皮を洗練された「羊皮紙」として加工するようになったのは、上記イズミールに程近い(現在は車で2時間の距離)「ペルガモン」という都市といわれています(現トルコ ベルガマ)。茶色く分厚い動物の皮を、薄く滑らかな、筆写に適した素材に改良したのです。

紀元前2世紀、ペルガモンに大図書館が建設されました。そのために大量の書物を写すためのパピルスが必要となったのですが、パピルスの生産国エジプトにあるアレクサンドリア図書館との間で、アリストテレスの蔵書をめぐる激しい争いにより、エジプトの王プトレマイオス・エピファネスがパピルスの輸出を停止したといわれています。

これは、紀元1世紀ローマの学者で政治家のプリニウスによって報告されています。

「プトレマイオス王とエウメネス王の間で図書館についての争いがおこり、プトレマイオスはパピルスの輸出を停止し、そのためペルガモンにて羊皮紙が発明されたとウァロは伝えている。その後、この素材が一般に広まり、人類の不滅性が確立した。」 (プリニウス『博物誌』13巻21章70節)

ただし、理由には諸説あり、エジプトとセレウコス朝の戦争が激化し、パピルスの輸出ができなくなったという説や、単純にエジプト国内でのパピルス不足が原因であったとも言われています。

いずれの理由にしても、書写素材がなくなってしまう危機にさらされたペルガモンは、従来からある動物の皮に筆写するという方法をさらに進化させ、「羊皮紙」が作られたのです。

ペルガモン図書館跡

トルコには今でもたくさんのヤギや羊がいます。主な料理は羊やヤギの肉でした。その皮は必然的に日常手にはいりやすい材料だったのです。

ペルガモン郊外の山羊の放牧

ちなみに、「羊皮紙」の英語「Parchment」は、「ペルガモン」から来ています。ペルガモンはのちにローマ帝国の一部となり、ペルガモン産の羊皮紙がローマに供給されるようになり、ローマ人はそれを「ペルガモンの紙」 = 「Carta Pergamena」と呼び、それがPergamena => Parchmentと発展していったのです。



聖書

<死海文書>

1947-1979年に死海のほとりのクムランで発見された紀元100年以前の羊皮紙の巻物です。ヘブライ語で、旧約聖書のイザヤ書を始めとした1000近くの文書があります。約2000年たった今でも当時の文字が判読できます。
死海文書は現在オンラインで閲覧ができます。自由に拡大ができ、羊皮紙の凹凸まではっきりと見えます。
The Digital Dead Sea Scrolls
羊皮紙に書かれた死海文書 紀元100年以前

死海文書が発見されたクムラン(死海のヨルダン側岸から撮影)


<新約聖書>

羊皮紙は新約聖書にも記述があります。イエスキリストの使徒パウロが晩年の獄中で書いた手紙で、テモテという弟子に向けてこう言っています。

「あなたが来るときには、わたしがトロアスのカルポのところに置いてきた外套を持って来てください。また書物、特に羊皮紙のものを持って来てください。」
第2テモテ 4章13節

ヘブライ語の翻訳でみると、羊皮紙の巻物となっています。このころはパピルスの巻物と羊皮紙の巻物が混在している時期で、羊皮紙のよさが次第に浸透していったことも読み取れます。

テモテが教会を牧し、パウロも居住していたエフェソの遺跡

<古代ローマ>

パウロが投獄されていたローマでも羊皮紙は広まっていきました。紀元1世紀、本の形態が巻物から冊子に移り始めると、折り曲げても破れない羊皮紙が次第にパピルスを駆逐していきました。紀元86年ごろ、文筆家のマルティアリスはこの新しい本の形態を自らの著書で宣伝しています。


「私の詩を持ち歩きたいあなた、長旅のお供にしたいあなた、コンパクトな羊皮紙のページに書いたものをお買いなさい。大きい書物は本棚に置いて。この私の本はなんと片手で持てるのです。どこで売っているか分からなかったり、町中をうろうろと彷徨ったりするはめになってはいけないのでお教えしましょう。教養あるルケンシスの解放奴隷セクンドゥスをお訪ねなさい。場所は平和の神殿とネルウァのフォルムの裏です。」
<マルティアリス エピグラム第1巻2>

この時代の羊皮紙冊子の断片が大英図書館に保存されています。裏の文字が透けて見えるほど薄い、上質な羊皮紙です。
デ・ベッリス・マケドニシス(マケドニア戦争) 大英図書館蔵
紀元100年ごろ。最古の羊皮紙冊子
 



中世ヨーロッパ

中世はまさに羊皮紙の黄金時代です。聖書をはじめとする宗教文書、公文書、そして芸術が羊皮紙に書き表されました。当時の記録や作品は、非常に耐久性のある羊皮紙に書かれていたおかげで、数百年たった今でも当時の輝きを保っています。
特に14世紀になると、それまで教会しか所蔵していなかった書物が、広く一般にでまわるようになりました。「時祷書」として、比較的小さな版に聖書の引用と各時期に合わせた祈りの言葉が書かれている書物が、民衆の間ではやったのです。需要の拡大に伴い、それまでは修道院内部での製作だった写本製作は、民間の写本工房で作成されるように変わっていったのです。

中世の羊皮紙屋 大衆の時祷書
貴族の時祷書
「ベリー公のいとも豪華な時祷書」
フランス コンデ美術館蔵

中世写本作成の動画 〜羊皮紙写本に書かれた作成の様子〜(スライドショー:約5分)
ご注意:音楽がなります。




イスラーム

7世紀にイスラム教がアラブ世界に広まり、コーランの筆写が盛んに行われました。その際に使用されたのが、写真のような横長の羊皮紙です。横長にしたのは、キリスト教の聖書と明確に区別ができるための目的がありました。

コーラン見開き。羊皮紙
バーレーン コーランの館

また、閉じ方もコーランには特徴があります。西洋の閉じ方は、見開きを毛側、肉側で統一して、見開きで色が同じになるような製本をしていました。一方イスラームでは、毛側と肉側が見開きで両方見えるような製本の仕方をしています。

西暦751年のタラス河畔の戦いにて中国より製紙法がイスラム世界に伝わり、794年にアッバース朝の首都バグダッドに製紙工場が出来ると、コーランも羊皮紙から紙に書かれるようになっていきました。


ユダヤ教

ユダヤ教は、死海文書の時代から変わらず現在でも羊皮紙(主に仔牛皮)に経典を記述しています。

旧約聖書 民数記 ヘブライ語 (150年ほど前)

ユダヤ教には、経典記述の厳しい規則があって、以下のことが定められています(少々ややこしいですが記載しておきます)。

動物: コシェル(聖別されている)の動物でなければならない。つまり、牛、山羊、羊、鹿などはよいが、豚は認められない。
使用面: 毛側と肉側に分割しないで皮全体(グヴィル)を使用する場合は、文字は毛側の外側に書く。分割されている場合は、毛側の方の皮(クラフ)の内側に文字を書く。分割されている肉側の皮(ドゥクスストス)は使用しない(テフィリンには使用可能)。
製造過程: ユダヤ教徒が羊皮紙製作にあたらなければならない。その過程で、「これは神のためである」というような文言を唱えなければならない。もしユダヤ教徒で作成するものが近くにいなければ、非ユダヤ教徒でも可能だが、その場合はユダヤ教徒が立ち会う必要がある。
モーセ五書(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)はとくに、一頭の仔牛から一枚しか羊皮紙をとってはいけない。原則的には、表面処理目的で皮にいかなる塗料のコーティングも認められない。聖なる文字と皮の間にバリアができるためである。

とまあすごく厳しい規定があるのです。イスラエルの羊皮紙は、非常に味があるものが多いです。



ルネサンス〜近現代

羊皮紙は中世だけのものではなく、ルネサンス〜近現代でも使用し続けられています。
製本材料として、また絵画の支持体として羊皮紙は広く用いられてきました。
レオナルド・ダヴィンチ デューラー ルドーテ


羊皮紙装の本

また特にイギリスでは、今でも公文書に羊皮紙が使用されることがあります。法律は羊皮紙に記録されて保管されます。これは、羊皮紙という素材が持つ、その耐久性による実用的な目的なのです。近年、羊皮紙に記録する伝統を廃止する動きがありましたが、現在でも継続しています。ちなみに、2011年5月のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚証明書も羊皮紙にしたためられています(2011年2月2日BBCニュースより)。

イギリス ウィリアム王子・キャサリン妃 結婚証明書
(画像出展: theworldroyals

産業革命時イギリスの公文書

また、アメリカやメキシコ、ヨーロッパでは、大学の卒業証書が羊皮紙で渡されるところもあります。これも羊皮紙のもつステータスと、永久文書としての耐久性が要されているためです。

メキシコの大学の卒業証書
画像出典: Wikipedia "Diploma"

現在、St. John's Bible プロジェクトというものがイギリスで進められています。
これは、聖書全部を羊皮紙に手書きで書いて現代の写本を作ろうというプロジェクトです。1999年にプロのカリグラファー、画家により着手され、2011年に完成予定となっています。

このように、羊皮紙は紀元前から今まで用途や目的は違えど、その役割を果たしているのです。






< Home | 羊皮紙の作り方へ >

   Copyright (C) 2013 Youhishi-koubou. All Rights Reserved.