羊皮紙専門サイト 羊皮紙工房
本文へジャンプ
サイトマップ   English  
Recipe of Parchment 羊皮紙の作り方

ここでは、羊皮紙の作り方をご説明します。羊皮紙はすでに紀元前から作られていた素材です。現在も、イギリスを始めとするヨーロッパ、およびイスラエルなどの国で作成されています。その作り方は、時代、地域、原料となる皮ごとにさまざまです。ここでは、12世紀のラテン語文献に記録されている方法により、羊の皮を使った作成方法をご紹介します(まったく同じではないですが、ほぼ沿っています)。

12世紀の羊皮紙製造方法

山羊の原皮を水に一昼夜浸しておく。水から引き上げ、流水で洗う。水が透明になり汚れが出なくなるまで続ける。水槽に新しい水と消石灰を入れ、よくかき混ぜて白濁液を作る。
原皮を毛がついた方を外側にして半分にたたんでこの溶液に浸す。一日2〜3回棒で皮を動かしかき混ぜる。8日間浸したままにしておく(冬は2倍の長さ)。

次に、皮を取り出して毛を取り除く。水槽の溶液を捨て、先と同様のプロセスを同量の新しい消石灰溶液で繰り返す。皮は一日一回棒で動かし、先と同じく8日間浸しておく。
皮を取り出し、水が透明になるまで皮をよく洗う。きれいな水のみが入った水槽に皮を浸し、2日間置く。

皮を取り出し、紐をつけて枠に縛り付ける。乾かす。そして鋭利なナイフで表面を削る。その後さらに2日間日陰で乾かす。水で湿らせ、肉側を軽石の粉で磨く。2日後、少量の水を肉側に振り掛けて再び湿らせて軽石の粉で磨き、さらに水で濡らす。紐をきつく締めて張力が均等にかかるよう調整し、シート状に固定する。乾いたら完成である。

出典:Theophilus Presbyter, “Schedula diversarium atrium”, British Museum Harley MS 3915, fol. 148r.より引用、筆写訳。

羊皮紙作成のアニメーション(音は出ません)
(YouTubeより)


以下に、実際の羊皮紙作成過程を写真で説明します。また、「おまけ」ページでは、だれでも家庭でできる?、皮紙の作り方をご紹介します。

 原皮の入手 〜 石灰漬

1 原皮を入手します。
牧場から直接送ってもらいます。これは食肉用の羊の副産物として購入しています。

冷凍や乾燥させてあるだけの皮よりも、防腐のために塩漬けにしてある「塩蔵皮」のほうがよいです。
一般的に毛の色が皮の色に反映しているので、何を作りたいかによって選ぶ羊の種類が違います。
これはサウスダウン種という白い毛の羊の雑種ですので、皮も白っぽいです。
(この時点では茶色く見えますが、よく洗うと白くなります。)

2 水でよく洗い、塩と汚れを徹底的に落とし、2日くらい水につけておきます。
ここで完全とはいわずともある程度汚れをおとしておかないと、後工程で付着物が腐って大変なことになったり、皮にしみをつけることがあります。

3 水を入れ替え、消石灰を入れます。
消石灰は、学校の運動場のライン引きや、園芸につかわれているものです。ホームセンターの園芸売り場などで販売しています。
たっぷりと入れます。
これは、強いアルカリで毛穴をゆるめて毛を除去し、また表面の組織を分解して余分な部分を取り除くための工程です。
必ず手袋を着用して行います。

4 そのまま約8日間石灰溶液につけておきます

偏りを避けるため、一日に2〜3回木や竹の棒でかき混ぜます。だんだんと真っ白だった溶液が、毛に絡まっていた汚れなどが溶け出し、茶色くにごってきます。
つける期間は、気温によって異なります。夏は3〜4日で十分でしょう。
棒などで、毛をすくって、つるんとはがれたらちょうどいいころです。
そのままにしておくと、皮自体に穴が開いてしまったり、ひどい場合には皮がどろどろに溶けてしまいます。

5 皮を溶液から出します。

さあ、ここからが原皮を羊皮紙に仕立てる作業です。

6 羊毛を手またはナイフで除去します。
しっかりと石灰が浸透していれば、毛はつるっと取れます。

ここからは、このようにカーブしたナイフを使用します。凸面に鋭利な刃がついており、凹面がにぶくなっている両刃のナイフです。


手で脱毛している様子

ナイフで脱毛している様子

7 ナイフで、内側に残っている肉や脂肪をそぎ落とし、毛側の表皮をそぎ落とします。

まず鋭い凸面を使用して肉側をきれいにします。

その後、凹面を使用して毛側の表皮を取り除きます。
羊の皮は、表皮の下に脂の層があるため、この作業をしないとかなり脂っぽい羊皮紙になってしまいます。
かなりしんどい作業ですが、破らないように注意しながらきれいにしていきます。



肉側の処理

毛側の処理

8 再び石灰水に約8日浸し、きれいな水に2日浸します。

この過程を再石灰漬といいます。羊の場合は特に皮に脂肪が多く含まれるため、この過程をはぶくと非常に油っぽい羊皮紙になり、インクが乗らなくなります。
根気が必要ですが、待ちます。
(もう一回くらい石灰漬けしないと油がとれない場合もあります。よい羊皮紙をつくるには根気と時間が必要なのです。)

 木枠に張り乾燥 〜 羊皮紙完成

9 木枠を準備します。
羊皮紙作成用の用具など売っているはずがないので、木枠は自作です。角材を組み合わせ、直径2cm程度の穴を開け、そこに先端に向かって細く削った円錐形の木を入れています。先端には切り込みが入り、そこに紐をかませます。
この木の取手を回していくと、紐にテンションがかかる仕組みです。数百年前とほぼ同じ道具です。



16世紀ドイツの羊皮紙職人
(出典:Wikipedia 「羊皮紙」)
これは取手がない簡易枠
羊皮紙作成の木枠  

木の取っ手先端。
ここに紐を噛ませます。

10 皮の縁に金具を引っかけてひもを通し、木の取手先端に巻きつけます。
まず対角線の4隅を枠に張り、それからなるべく均等な間隔で紐を通していきます。通すポイントは多いほど無駄が少ない羊皮紙ができます。

製法によっては、棒を皮の縁にそって刺し、その棒を紐で引っ張る方法と、石などを皮の縁で包んで、そこに紐を縛りつけて引っ張る方法もあります。





11 木枠に張り、取手を回してテンションをかけていきます。
テンションを調整しながらまんべんなく縁を紐で張っていきます。全体が張れたところで取手を回してさらにテンションをかけます。
このとき、穴の状態も見ながら行います。穴が裂けることがよくあります。その場合は、別の場所に再度穴を開けてやりなおします。

12 半月刀で表面を削ります。

半月刀を皮に対して直角にして、削っていきます。まずは、水分が大量に搾り出され、油分も出てきます。肉や皮のはがれもそぎ落とします。表裏両方行います。逐次テンションを調整しながら行います。

(半月刀は日本ではあまり一般的に売られていないようです。これは受注生産で販売されている革切ナイフを使っています。購入後、柄を垂直につけて羊皮紙加工用に改造しました。右の作業中の写真は改造前です。)
購入時 羊皮紙用に改造


13 乾燥させ、さらに表面を滑らかにします。

乾燥させては、削りを繰り返します。
均一なテクスチャと厚みが得られるまで手順4と5を何度も繰り返します。

仕上げに、軽石の粉末(パミス)をまぶして布やスポンジ等でこすると、皮の繊維の間にある脂が吸着されて除去されます。
最後に、白く不透明にするために、白亜の粉(炭酸カルシウム)を全体に刷り込みます。

14 木枠から切り離します。
削り作業完了後、紐を切って木枠からはずします。
もうほとんど完成です。あとは縁の固い「耳」を切り離します。
また、この時点でサンドペーパーでサンディングしてもよいでしょう。

15 必要なサイズに切り離して完成です。

毛面(銀面)です。すこし黄色っぽいです。
サンドペーパーで削っていくと、どんどん色が薄くなります。
好みの色、厚みに従ってサンディングしていきます。
肉面です。こちらは白っぽい色です。
こちらは、サンドペーパーをかけると、毛羽立ちます。
目の細かい耐水ペーパー(600番程度)などで表面をならします。

16 好みの仕上げをして完成。

ここでは、写本製作用のシートを作成しました。写本用の羊皮紙は何ページも重ねるため特に薄く加工します。エッジは味を出すためにちょっと粗くしてみました。


このシートを使って作成した作品はこちら。
作品ギャラリーへ

写本の作り方の詳細はこちら。
装飾写本の作り方へ

1700年代フランスの羊皮紙工房の様子はこちら。
工房と道具

Home | おまけへ


   Copyright (C) 2013 Youhishi-koubou. All Rights Reserved.