羊皮紙専門サイト 羊皮紙工房
本文へジャンプ
サイトマップ   English  
Small cow hide parchment おまけ 〜自宅で出来る「皮紙」〜
羊皮紙を作りたい!でも木枠は?ナイフは?原皮は?
ちょっとしたものをつくってみたいのに、そんなに投資はできない。。。
そんな思いの方に、誰でもできる「皮紙」の作り方をお教えします。

完成図



材料

犬ガム
ペットショップで売ってます。素材は牛皮です。
油絵用キャンバスの木枠
画材屋で売っています。
加工したいサイズに合わせて購入します。
ここではSM号の木枠を使用しています。
ローラーカッターの刃と板
ローラーカッターをそのまま使用してもOKです。
ここでは使い勝手を考えて刃を2枚の薄板ではさみ、
自作の小さな「半月刀」を作りました。

ネジと針金
普通のもので結構ですが、針金はゴムでコーティングしてある
ものがよいでしょう。あまり細いと皮が切れてしまいます。




作成手順

1 犬ガムを水に一晩浸します。
水に浸すとだんだんやわらかくなって、生の牛皮にもどります。ある程度やわらかくなったら、途中で結び目を手でほどきます。
一晩おくと、こんな状態になります。
かなり長いので、枠にあわせて切ります。


2 木枠の縁にネジを取り付けます。
針金をかけるためのネジを取り付けます。
多ければ多いほど皮が均一に伸びますが、結ぶ針金の数も多くなり、それなりに労力が必要です。

3 皮にキリで穴を開け、そこに針金を通します。
まず四隅を取り付け、それからジョジョに周りを針金で縛っていきます。皮が伸びるようにテンションをかけます。
注: この時点で伸ばしすぎると皮が穴の部分からちぎれてしまいます。あと針金が指に食い込みちょっと痛い。



4 表面を円カッターの刃で削ります。
自作の「半月刀」で削っていきます。

5 随時針金にテンションを加え、乾かします。
このとき、皮を親指のはらで押したり、引っ張ったりして、できるだけ伸ばします。
この工程を行わないと、透明なシートになります。
伸ばすことによって、繊維が平行に並び、白くなります。
注: このとき穴の部分が引きちぎれることが結構あります。一気に伸ばそうとせず、乾燥させながら徐々に行うのがコツです。(結構難しい。。。)

6 木枠から切り離して、磨いて完成
犬ガムから皮紙ができました。
600番くらいの耐水ペーパーで磨いて表面を滑らかにします。薄くしたければ、目の粗いサンドペーパーで削り、最後に目の細かいペーパーで磨きをかけます。
ひとつの犬ガムから名刺4枚くらいの材料がとれます。ここに小さな彩色やカリグラフィーを施してもいいインテリアになるでしょう。

注: 簡単にできるとは言っても、材料をそろえるのが簡単なだけかもしれません。透明な犬ガムを不透明にするためには結構力とコツがいります!!
< 作り方トップに戻る

   Copyright (C) 2013 Youhishi-koubou. All Rights Reserved.